英語を身につける

勉強に悩む女子高生

大学受験で文系・理系を問わずに必ず出題される科目が英語です。英語を制する事ができなければ大学受験を制する事ができないので、受験生は英語の成績を1番に気にしているはずです。 難関大学受験を考えている学生であれば、基礎学力は定着しているはずなので長文読解での解釈が勝敗の決め手になります。大学個別の試験では、偏差値の高い大学になればなるほど当然のことながら出題される問題も難しくなります。学術論文が出題される傾向が高いので、英語の解釈だけではなく幅広い知識と教養を身に付けなければ深く考えることができません。日本語で読んでも難解な文章を読み解かなければならないので、その内容に内に対する知識を持ち合わせていれば、簡単に考えることができるようになるので新聞やニュースを毎日チェックして情報を整理する事が大切です。

大学受験の英語は受験する学部の専門を英語で出題されることも度々あります。社会学部系統であれば、経済や国際情勢についての現状、工学部であれば物理など、これから勉強を希望することになる専門分野の基礎知識・応用についての内容を出題される傾向が高くなっています。予備校に通えば、このような情報を教えてくれるので受験校についての出題傾向を知ることができ、解法のテクニックを教えてもらうことができます。 2次試験では記述式で答えることが一般的なので、本文の要約や和訳など内容をきちんと理解できているかどうかを問われます。仮に英語で書いてあることは分かったとしても、知識を持ち合わせていなければ何を伝えたいのか考える必要があります。そうなると、解答に時間がかかることになるので焦りが生じることになりかねません。一般教養を身に付けておくことは重要なことです。