高校で異なる費用

並べたアルファベット

通信制高校の費用を比較すると年間で平均30万円程の所が多いです。内訳は入学金で1万、授業料で25万、その他指導料などの費用がかかります。選択したコースによっても多少の違いはあるので、希望する通信制高校を比較すると年間の予算が立てられます。 全日制に比べて時間が自由に使える分、スポーツに専念したり芸能活動に専念したりできるので、通信制高校に通うことで時間に余裕ができるようになります。 他の通信制高校を比較すると、授業が年間25単位履修するとして1単位あたり7000円から1万円ほどで受けることができます。週に2から5日きっちり通える人や、週1日しか通えない人でも通信制高校なら余裕を持って授業を受けることができるので、通いやすい高校を比較すれば無理なく学習を進められます。

通信制高校が成立したのは1948年とされていて、現在と比較すると、一部しか受講できず卒業できませんでした。その後、1955年に通信制で高校も卒業できるようになりました。しかし、当時を比較してみると、通信制高校の卒業に4年以上費やすケースも多く、また、大学受験をする際は大学入学資格検定に合格する必要性がありました。その後、1988年に現在と比較して同じように3年で卒業する事が可能となりました。 現在、通信制高校は過去と比較して、大きく変わってきており、インターネットを取り入れたりする通信制高校も現れています。 また、通信制高校は私立と公立に分かれており、私立に比べて、公立のほうが学費が安いなどと言った、特徴がみられています。