勉強している生徒

英語を身につける

勉強に悩む女子高生

最近では、大学受験の際に英語が重視される傾向にあります。大学では、国際的な交流も多いのでしっかりと英語を集中して勉強しておけば、教養としても身につくので。しっかりと勉強しておきましょう。

大学で学ぶ

勉強する子どもの手

近年では、保育士になるなら専門学校などで学んだほうが良いという傾向がありますが、大学で保育士の資格を取得することもできます。保育士で必要な知識は女性にとっては必要な知識なので、大学で学んでおいて損はありません。

ペースに合わせる

塾の教室

医学部の受験を目指す人に最適なのが、医学部専門の予備校です。受験生のペースに合わせて個人授業や大人数での授業も行なっているため、確実に学び受験に臨むことができます。

高校で異なる費用

並べたアルファベット

通信制高校は全国に多く点在しています。高校によって学費が異なるため、比較することが大切です。通学時間や移動費を考慮して選ぶことで、経済的に余裕を持ちしっかり学ぶことができます。

英語の長文読解

授業中の小学生

それぞれの目標に合わせた学習スタイルが実践できます。家庭教師を三重でお探しならこちらへ。確実に成績アップ!

最も学費が安い保育士の大学ならこちら!学費が安くても圧倒的な就職率を誇っているんです!体験授業にも実施しているので興味を持ったらぜひ!

英語の長文の読み方にはコツがあります。それはロジカルコネクターと呼ばれる語句を見つけ出すことです。ロジカルコネクターとは、否定後、逆説後、理由などの論旨の転回に直接関係してくる語句です。この語句を追うことで、パラグラフごとの論旨の流れを読むことができ、結果として文章の全体像が見えてくるのです。これはパラグラフリーディングと呼ばれています。また英語のパラグラフリーディングですが、一般的に長文の最初の方で一般論が書かれ、次にそれを否定する文章、その後で著者の意見というパターンが圧倒的に多いです。これは大学受験英語に限らずともです。つまり大学受験でも、論旨だけを把握するためには、最後だけ読めば十分に通用するということもありますので、それは各個人が状況に応じて判断・利用してください。

パラグラフリーディングはわかったけれど、そもそも大学受験で出題される英文はレベルが高すぎて読めないという人もいるでしょう。実際に大学受験の英語で出題される文章は、簡単なものばかりではありません。それではどのように対策すれば良いか。それは原書を読むことと、普段から時事問題などに触れ、自分の頭でしっかりと考えるということです。まず原書ですが、理解できなくても読みきりましょう。論旨を掴むのが目的ですので、全ての単語を理解する必要はありません。ゆえに論旨が理解できない時だけ、単語を調べましょう。これはそのまま日本語の読解力にも通じます。また時事問題に触れる習慣ですが、非常に大切なことです。時事問題の知識もなく、自分で考える習慣もなければ、どのような問題が出ても厳しいでしょう。なぜなら試験場で初めて考えることになるからです。そうならないように、普段からしっかりと考えておきましょう。

絶対合格したい!医学部の予備校をお探しでしたら当校がオススメ!確かな学習システムで医学部合格をサポートさせていただきます!

家庭教師に依頼

いろいろなアルファベット

最近では、多くの親御さんが家庭教師に依頼してお子さんの勉強をみてもらっています。塾などの様に通塾する際の負担などがなくなるだけでなく、お子さんの勉強を集中的にみることができるのでとても有効的な勉強方法です。